第10回日本鉄道技術協会坂田記念賞受賞者の発表

 第10回日本鉄道技術協会坂田記念賞の表彰者が決定しました。

 この賞は、毎年1月から12月までにJREA誌、Japanese Railway Engineering(英文誌)、サイバネティクス会誌、鉄道サイバネ・シンポジウム論文集に掲載された記事の中から、特に優秀な論文を表彰するものです。

 今回は2017年分について、3月に日本鉄道技術協会坂田記念賞選考委員会を開催し、新規性・先進性、論理性、表現力、実用性、社会的重要性等の審査基準に基づき選考したのち、同月開催の第4回理事会の審議の結果、次のとおり、最優秀賞、優秀賞、特別賞を決定しました。

 なお、表彰式は、6月1日(金)に開催される2018年度定時社員総会の後に行います。

 

最優秀賞

  『運転実績のビッグデータの活用 -運転情報記録データによる乗務員の未然事故防止と主体的な技能向上-』
                             (第54回鉄道サイバネ・シンポジウム論文集)
  東海旅客鉄道(株)東海鉄道事業本部運輸営業部運用課課長                坂下  修 氏
  東海旅客鉄道(株)東海鉄道事業本部運輸営業部運用課係長                嶋野 景子 氏
   

優秀賞

  『交流架線式蓄電池電車「DENCHA」の量産開発』
                                        (JREA2017年1月号)
  九州旅客鉄道(株)鉄道事業本部運輸部車両課主査                    畠田 憲司 氏
   

優秀賞

  『空気噴射式除雪装置の開発と今後の展望』
                                        (JREA2017年1月号)
  東日本旅客鉄道(株)秋田支社設備部機械設備センター副課長               伊藤  薫 氏
   

優秀賞

  『高頻度軌道検測データに対応した新しい軌道保守計画システム』
                                        (JREA2017年3月号)
  (公財)鉄道総合技術研究所軌道技術研究部軌道管理研究員                吉田 尚史 氏
  (公財)鉄道総合技術研究所軌道技術研究部軌道管理研究室長               三和 雅史 氏
   

優秀賞

  『87系TWILIGHT EXPRESS 瑞風用気動車の駆動システムの開発』
                             (第54回鉄道サイバネ・シンポジウム論文集)
  西日本旅客鉄道(株)鉄道本部車両部車両課担当部長                   島田 直人 氏
  西日本旅客鉄道(株)鉄道本部車両部車両設計室専門課長                 山中 章広 氏
  西日本旅客鉄道(株)鉄道本部車両部車両設計室課員                   北村 琢也 氏
  東芝インフラシステムズ(株)府中事業所鉄道システム部鉄道システム設計担当       佐藤  翔 氏
  東芝インフラシステムズ(株)府中事業所交通システム部開発設計第二担当         橋本 尚宜 氏
  東芝インフラシステムズ(株)鉄道システム事業部車両システム技術部国内ユーザ担当主務  今井桂一郎 氏
   

特別賞

  『Adoption of Wireless Advanced Train Administration and Communications System(ATACS)』
(無線を使った列車制御システム(ATACS)の導入について)

                              (Japanese Railway Engineering No.196)
  東日本旅客鉄道(株)鉄道事業本部電気ネットワーク部副課長               山口 智敬 氏
  東日本旅客鉄道(株)鉄道事業本部電気ネットワーク部課長                八木 圭介 氏
   
(注)受賞者の所属・役職名は論文発表当時のもの
fptop00fptop
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー                 Copyright© 2013 Japan Railway Engineers' Association. All Rights Reserved.