メインイメージ

日本鉄道サイバネティクス協議会とは

協議会は毎年シンポジウムを開催すると同時に論文集を発行し、このシンポジウムは鉄道総合技術の発表の場として高く評価されています。
2年ごとに会員から時代に適合したテーマを募集し自主的な調査研究活動を行っており、この結果は報告書にまとめられています。
また、出改札システムに関して、連絡運輸・相互利用に関するルール作りなどを行っています。

サイバネティクス(Cybernetics)の語源・意味及び一般認識

語源
ギリシャ語の「舵を取る人=キュベルネテス」である。
意味
アメリカのN.Wienerが1948年に著した『サイバネティクス』で初めて使われ、通信と制御と統計力学の問題を機械も生物も含めて一括して研究する学問と定義された。
一般認識
現在は、コンピュータ利用の工学を『サイバネティクス』と呼ぶのが、現代社会における一般認識のようである。

Copyright© 2014 Congress of Japan Railway Cybernetics. All Rights Reserved.