会誌サイバネティクス

2021年 1月号
Vol.26 / No.1(通巻99号)
4月号
Vol.26/ No.2(通巻100号)
7月号
Vol.26/ No.3(通巻101号)
 
2020年 1月号
Vol.25 / No.1(通巻96号)
4月号
Vol.25/ No.2(通巻97号)
  10月号
Vol.25/ No.3(通巻98号)
2019年 1月号
Vol.24 / No.1(通巻92号)
4月号
Vol.24 / No.2(通巻93号)
7月号
Vol.24 / No.3(通巻94号)
10月号
Vol.24 / No.4(通巻95号)
2018年 1月号
Vol.23 / No.1(通巻88号)
4月号
Vol.23 / No.2(通巻89号)
7月号
Vol.23 / No.3(通巻90号)
10月号
Vol.23 / No.4(通巻91号)
2017年 1月号
Vol.22 / No.1(通巻84号)
4月号
Vol.22 / No.2(通巻85号)
7月号
Vol.22 / No.3(通巻86号)
10月号
Vol.22 / No.4(通巻87号)
2016年 1月号
Vol.21 / No.1(通巻80号)
4月号
Vol.21 / No.2(通巻81号)
7月号
Vol.21 / No.3(通巻82号)
10月号
Vol.21 / No.4(通巻83号)
2015年 1月号
Vol.20 / No.1(通巻76号)
4月号
Vol.20 / No.2(通巻77号)
7月号
Vol.20 / No.3(通巻78号)
10月号
Vol.20 / No.4(通巻79号)
2014年 1月号
Vol.19 / No.1(通巻72号)
4月号
Vol.19 / No.2(通巻73号)
7月号
Vol.19 / No.3(通巻74号)
10月号
Vol.19 / No.4(通巻75号)
2013年 1月号
Vol.18 / No.1(通巻68号)
4月号
Vol.18 / No.2(通巻69号)
7月号
Vol.18 / No.3(通巻70号)
10月号
Vol.18 / No.4(通巻71号)
2012年 1月号
Vol.17 / No.1(通巻64号)
4月号
Vol.17 / No.2(通巻65号)
7月号
Vol.17 / No.3(通巻66号)
10月号
Vol.17 / No.4(通巻67号)
2011年 1月号
Vol.16 / No.1(通巻60号)
4月号
Vol.16 / No.2(通巻61号)
7月号
Vol.16 / No.3(通巻62号)
10月号
Vol.16 / No.4(通巻63号)
2010年 1月号
Vol.15 / No.1(通巻56号)
4月号
Vol.15 / No.2(通巻57号)
7月号
Vol.15 / No.3(通巻58号)
10月号
Vol.15 / No.4(通巻59号)
2009年 1月号
Vol.14 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.14 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.14 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.14 / No.4(通巻55号)
2008年 1月号
Vol.13 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.13 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.13 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.13 / No.4(通巻55号)
2007年 1月号
Vol.12 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.12 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.12 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.12 / No.4(通巻55号)
2006年 1月号
Vol.11 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.11 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.11 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.11 / No.4(通巻55号)
2005年 1月号
Vol.10 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.10 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.10 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.10 / No.4(通巻55号)
2004年 1月号
Vol.9 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.9 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.9 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.9 / No.4(通巻55号)
2003年 1月号
Vol.8 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.8 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.8 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.8 / No.4(通巻55号)
2002年 1月号
Vol.7 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.7 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.7 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.7 / No.4(通巻55号)
2001年 1月号
Vol.6 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.6 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.6 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.6 / No.4(通巻55号)
2000年 1月号
Vol.5 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.5 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.5 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.5 / No.4(通巻55号)
1999年 1月号
Vol.4 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.4 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.4 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.4 / No.4(通巻55号)
1998年 1月号
Vol.3 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.3 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.3 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.3 / No.4(通巻55号)
1997年 1月号
Vol.2 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.2 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.2 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.2 / No.4(通巻55号)
1996年 1月号
Vol.1 / No.1(通巻52号)
4月号
Vol.1 / No.2(通巻53号)
7月号
Vol.1 / No.3(通巻54号)
10月号
Vol.1 / No.4(通巻55号)
>サイバネティクス(Cybernetics)

サイバネティクス(Cybernetics)

語源
ギリシャ語の「舵を取る人=キュベルネテス」である。
意味
アメリカのN.Wienerが1948年に著した『サイバネティクス』で初めて使われ、通信と制御と統計力学の問題を機械も生物も含めて一括して研究する学問と定義された。
一般認識
現在は、コンピュータ利用の工学を『サイバネティクス』と呼ぶのが、現代社会における一般認識のようである。

CTR IMG